So-net無料ブログ作成

マンガ「嫌韓流」 [本]

立場が変われば見方も変わる。

たとえば、忠臣蔵。
赤穂側から見れば主君のカタキを討つ「忠義」でも、
吉良側から見れば逆ギレされた「狼藉」。

マンガ「嫌韓流」はその辺りを考慮して読めばいいんじゃないかな、
それぞれの立場で。

http://www.shinyusha.co.jp/~kenkanryu/#


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

単行本「渋さ知らズ」。 [本]

発売日前日ですが、大都市では入手されている方も多いようで…
本州最果ての地では来週の入荷になるとのこと。

そろそろ時効になるので書きますが、
4月2日に恵比寿某所にてとある非常勤メンバーの方のご好意で
陣野氏がワープロで打ち出した段組み前の原稿を拝見させていただきました。

その部分は序章となっていて創設メンバーの方々へのインタビューを中心に構成されていた。
ビールを飲を片手にケラケラ笑いながら読破、面白かった。

その原稿と出版された本の内容が変わっているのか、
はたまたそのままなのかも個人的な楽しみ。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

文庫版「東京トンガリキッズ」 [本]

懐かしいタイトル。
宝島連載中は知らないけど、単行本では読んだ遠い記憶。
キレイな写真と胸キュンな物語、
「東京トンガリキッズ」。

今年1月に角川書店より文庫化。
残念ながら文庫版では写真は割愛されていたが
内容は単行本未収録を20篇を含みボリュームアップ。
そこには覚えていた話もあったし、まったく覚えていない話もあった。

数年前、じゃがたらのオールナイトイベント(@新宿ロフト)のあと
西新宿7丁目・柏木公園でまったりして「西口個室 ゆ 」のネオン
看板を見つめていた自分がいた。

それは「カステラ、食べたい」篇(初収録)に登場する少年と
まったく同じ行動だった。
思わずどっと大笑い。

もう「トンガリミドル」だけどね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

東京猫町 [本]

日曜日の夜はまったりとお酒を飲んで過ごしたい、
最近は雪景色しか見ていないからキレイな写真集でも。

今日は電気ブランと荒木経惟著「東京猫町」。

荒木さんが書かれる字が好き。
写真も自然体なら字も自然体、イキんだ感じがない。

猫ってヤツはいいよな、自由で。
明日からまた仕事だとか考えなくてもいいし。
(血統書付きの猫はそうでもないのかな?)

モノクロの写真はいいなぁ、自分で妄想していろいろ彩色できる。
そうやって考えられる隙間を荒木さんは残してくれる。

うだうだやってたらもう日付が変わっちゃった、もう寝なくっちゃ。

肉体労働者の朝は早い、
いつもの軽い二日酔いの朝6時は決定的。

でも荒木さんの写真で飲めた今日はいい一日だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

職業は「AV女優」。 [本]

たまには昔買った文庫本を読み返してみたりする。
99年のライジングサン・ロックフェスに参加した折に往復のフェリーの中で読んでいた本、
永沢光雄著「AV女優」。

内容は91年から96年にかけて某成人雑誌で連載されていたアダルトビデオ業界で
ヒトハナ咲かせた(?)女の子たち42人へのインタビュー集。
ちょうど大学生をやっていた時期なのでAVも何本か見たし成人雑誌も読んでいたはずなのだが
名前を覚えている女の子は5人もいない。

マンガ雑誌と一緒でなんとなく消費されていくだけ、
AVとはそんなものじゃないかな。

職業としてAV女優の寿命は短いのもその要因にある。
ほとんどは1,2本の出演で引退、1年も業界にいればベテランと呼ばれるそうだ。
だから記憶にほとんど残らない。

永沢氏のインタビューは彼女たちを見下すこともなく正面から向き合っている。
生い立ちから家庭環境などの「それぞれの物語」を聞いて相槌を打つように受け止める、
その中にはリアル「ファザーファッカー」みたいな痛々しい物語も存在するのだが。

そんな世界に傷つき苦しみながらたどり着いた女の子、軽快に笑いながらやってきた女の子
たちが「AV女優後」の自分の将来を語るとき、ほとんどが自分の居場所として「店をやりたい」
と言っているのが印象的。

AV女優だった彼女らに幸多かれと思う。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「電車男」と「ハコイリ娘。」 [本]

「電車男(中野独人著)」と「ハコイリ娘。(さくらももこ×モーニング娘。著)」に共通点あり。

担当編集者が同一人物なのです。
郡司裕子さん。

「電車男」書籍化に対しネット管理人が新潮社を選んだ理由は
「担当編集者の自宅にPCがない、2chを知らない、女性。」
だという。

そんな郡司さんが十数年前ミス東京に選ばれたワンレン・ボディコンのバブルギャル
だったことが「ハコイリ娘。」の「よっすぃーと釣りに行く」編にて暴露されている。

興味のある方は「郡司裕子」でググってみてるもよし。
結構なhit数ですぞ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

漫画版「電車男」 [本]

ヤングサンデーでも連載するのね、電車男。
作画は原秀則が担当するのも「ヤンサン的」でステキ。

でも一読して多少の物足りなさを感じた。

この原作本は「電車男」や「エルメス」が主役ではなく、多くの「名無しさん」たちの群像劇だと思う。
「電車男」も物語を構成するひとりに過ぎないんだよね。
その点を踏まえた漫画化や映像化なら大歓迎。

はてさてどのように展開することやら。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。